ギャルと遊べる福原ソープ

不況だ不況だと言われながらもまだまだ日本が元気だった1990年代、日本全国でギャルというものが流行っていました。 高校生がやっていたコギャルというのはよく知られていますが、元々は大学生ぐらいの女性をギャルと呼んでいて、その下の世代だからコギャル、中学生は孫にあたるのでマゴギャルといった具合で広く浸透していました。 現在でもギャルというのは風俗で人気が高いジャンルで、以前とはタイプが違っているとはいえギャルと遊びたい男性は多いのです。 福原ソープを利用する男性の中にもギャル好きは多く、ギャルと遊べるお店もあります。

◆ 福原で働くギャルは白ギャルが多い

福原ソープには数十のお店があり、当然ギャル系の女性と遊べるお店というのは存在しています。 しかし、ギャルと言っても多くの方が想像するような日焼けした小麦色の肌に金髪といったいわゆる黒ギャルというのは滅多におらず、現在残っているのはほとんどが21世紀になってから登場した白ギャルというタイプです。 西日本随一のソープ街と言われる福原ソープであれどもいるのもほぼ白ギャルで、黒ギャルと遊ぶのはなかなか難しいと言えるでしょう。 また、明確にギャルとして売り出しているキャストも少ないので、見つけるためにはそれっぽい女性を個別ページで確認しつつ、実際に会って確認するしかありません。

◆ ギャルと出会える可能性があるソープランドは?

では、福原のソープランドでギャルと出会える可能性があるソープランドがどこかということですが、ギャルが在籍している可能性が高いのは若い女性が集まるお店です。 ギャルというジャンル自体が若い女性を指すものですから、人妻系とか熟女系に行っても出会うことは出来ません。 また、若い女性が集まりやすいうえにギャルの本場的なイメージがある学園系ソープですが、こちらも若い女性が集まってはいるもののコンセプト的にギャル系の女性が少ないです。 どちらかといえば、素人系の若い女性がコンセプトの方が出会える可能性は高いでしょう。

おすすめなのは、『ビギナーズ神戸』、『アロー』、『聖スムーチ女学園』、『クランベリー』、『アクアマリン』などで、これらのお店であれば在籍女性にそれっぽい女性を見かけることが出来ます。 実際にギャルっぽくてもどういう女性か判別がつかないのであれば、お店に確認してみるのも一つの手段です。 電話をかけて「ギャル系の女性と遊びたいのですが、そういうタイプの女性はいますか?」と尋ねれば、いるならちゃんと教えてくれることでしょう。

AVなどでも人気のジャンルですから、一度はお相手してもらいたいと思う男性は多いはず。 福原のソープランドであればそれも可能なので、興味がある方はぜひ上記のお店の他にも色々なお店を探してみてはいかがでしょうか。